ピーター・ワッツ “Gut Feelings”

2018年12月 Toronto 2033 に初出。
分量およそ4600語、日本語訳なら文庫25ページ弱くらい。

あらすじ

マリウス・ガザリは白昼の路上でグーグル社員の男を暴行し昏倒させた。ガザリはグーグルに恨みこそ抱いていたが、当の被害者とはなんの接点もない。グーグル側は警察を介入させることなくガザリをカナダ本社へと招き、調査に協力するよう提案する。何があなたを脈絡のない暴力に駆り立てたのかを知りたい、と。

感想

  • 2033年のありうべきトロントを舞台にした近未来シェアードワールド・アンソロジーの一角。公式サイトはこちら
  • 現時点で公開されている他の参加作品を読んでみたところ、温暖化、移民問題五大湖の水位上昇と水資源の管理、スマートレンズを始めとする情報電子機器の発達など、手堅い見通しが反映されている一方で、特定国の選手を狙ったとされる「オリンピック・ウイルス」が市井に漏れて数十万人規模の犠牲が出ていたり、南米統一戦争が勃発していたりもする。トロントで進行中のスマートシティ化構想も設定に大きく影響していると見られ、本作では他ならぬグーグルが主役に据えられている。
  • なぜガザリは無軌道な暴行に及んだのかという謎がストーリーを牽引し、社員との対話を経て思わぬ真相が明かされ、最後にはカタストロフが押し寄せる。趣向は「炎のブランド」に近い。設定共有企画ながらいつも通りネタが満載の楽しい作品。
  • ガザリの友人のディオンは警官に殺された。原因はふたつ。市街全域に配置されたセンサで収集した情報を基に、グーグルのアプリがディオンの身体能力を総合格闘家並みと判定したこと、警察への反感を示したディオンのプライバシー設定がテロ対策法の下に無効化されていたこと。予断を持った警官は恐怖に駆られ、「攻撃的な態度を見せた」との理由で彼を射殺した。
  • 怨恨が動機かと思いきや、事件が起きたのは3年前だった。たっぷり3年も待ち、それから事件となんら関係のない社員を気絶するまで殴り倒すのは常軌を逸している。加えてそれほど激しい怒りを抱いていたのであれば犯罪予測アルゴリズムの網に引っかからないはずはない。基本的な事実を確かめていくうち、ふとタブレットに表示されたグーグルのロゴを認めた瞬間、抑えようのない激情がガザリの中で渦を巻く。どうもロゴがガザリの怒りを誘発しているらしい、とわかるまでが前半部。
  • タイトルが示すように後半からは腸が焦点となる。内臓に衝き動かされるような感情についてワッツはたびたび書いているが、今回は文字通り腸の細菌叢が人格に及ぼす影響を扱っている。腸内細菌は腸脳(腸管神経系)に語りかけ、腸脳は頭脳に語りかける。であれば、糞便を移植して病気を治療するように、腸内細菌を操作して「腸を煮えくり返らせる」こともできるのではないか。待っているのは兵器化ヨーグルトが猛威を振るう未来かもしれない。着想が恐ろしくもユーモラス。
  • ターゲットの指定は特定の図像を見たときに分泌される神経伝達物質を目印にするという設定。企業のロゴは特徴的かつ広く認知されているので格好の的になる。
  • ガザリが検便を要求され、検査キットの輸送が遅れているからと弁当箱をとりあえず手渡される場面が笑える。「俺が他人のタッパーにうんこするのがアルゴリズムの望みなのかよ」。「炎のブランド」に続いてスカトロ・カタストロフSFを開拓している。そういえばStarfish にも直腸からの糞便採取シーンがある。
  • VRゲーム用ヘルメット「グーグル・ゲーミウム」も登場。脳波を見るためのスキャナに転用される。「うちの製品はハードのスペックに余裕があってアップデートも安く抑えているけれど、ソニーは新製品を都度買わせようとする」なんて台詞も。
  • 細胞内共生微生物、ロールシャッハ、集合精神、生体ダイソン球など、これまで幅広いスケールで「コロニー」としての生命が描かれてきた。今回は規模が身近。
  • 世界の敵扱いされつつあるグーグルを被害者に仕立てたり腸内細菌叢という流行りのトピックを取り入れたりと時流に乗っている感がある。

その他

気になった表現や固有名詞。

sidewalk
冒頭は「ボットとドローンが歩道の洗浄に励むも血痕が落ちない」シーン。トロントのスマートシティ化を進めるグーグル関連企業の社名が Sidewalk Labs であることを考えると皮肉に見えなくもない。

Quayside
キーサイド。再開発される波止場周辺エリアの名前。

boundary issues
名前で呼んでもいいかと聞かれたガザリは「暴漢である自分は boundary issues に文句を言える立場にない」と答える。距離感くらいの意味だろう。ワッツ自身が国境でぼこぼこにされた際は話を一切聞き入れてもらえなかった。

Off the back of a Rosa's truck
off the back of a truck で物品の不正入手を意味するとか。ローザは家族経営のタイ料理屋との記述がある。ガザリは普通に注文したようだから不法の意味合いはなくただのフードトラックで、発言者である社員が揶揄を込めたか。

upstream tertiaries / third-order downstream
センサが多くて情報収集密度の高いキーサイド地区が上流のように思えるが説明はない。tertiary と third-order も何が第三次なのか判然としない。

Cinder Block
そのままの意味は軽量コンクリートブロック。地区の名称に思えるがよくわからない。

Doctor Mayor
作中の市長の通称。現在公開されている他の作品にも説明はない。オリンピック・ウイルスのパンデミックを受けて医療関係者が選ばれた背景でもあるのかもしれない。

FLAP
実在する致死的光害啓発プログラム。ビルに激突死する渡り鳥を減らすための取り組み。作中ではグーグル社屋の多機能ガラスが鳥の磁覚を狂わせている。死骸はドローンで回収してDNAバーコーディングのために寄付するから問題ない、というやりとりがある。

Stroop
ストループ効果。該当箇所を読むと場所を指している気もするが、ロゴが関係するのであればテストの方か。

GTA
グレーター・トロント・エリア。トロントを中心とする大都市圏。

voronoi
ボロノイ図。疫学の祖ジョン・スノウはボロノイ図に類するものを作成してコレラの感染源を突き止めたとか。

Libtards / Altzis
前者はリベラルの蔑称らしい。後者はおそらくオルタナ右翼