ピーター・ワッツ “Kindred”

2018年7月 Infinity's End に初出。
分量およそ3800語、日本語訳なら文庫20ページくらい。

あらすじ

当初は肉体からなる集合精神だった「わたし」は、今や数立方天文単位の思考雲となって太陽系に広がっていた。全人類を収めたアーカイヴから抽出されたひとりの男、かつて作家だったフィルを相手に、「わたし」は人類の顛末を語る。生命と苦痛について、愛や善悪といった錯誤について、それら全てを捨て去った後で残ったものについて。

感想

フィル、作家、薬物乱用歴。これだけで察しはつくかもしれないが、「現実は信じることをやめても消え去らないものだ」とのフレーズが参照されるあたりで、語りかけられているのは(推論によって再構成された)フィリップ・K・ディックであることがわかる。タイトルはディックのミドルネームでもある。よりにもよってディックがシミュレートされているのがまず可笑しい。

宇宙空間に広がるダイソン球的な知性という設定は「島」と似通っているが、話としては「島」をひっくり返した感じになっている。「島」の語り手サンデーは「わたしは神を信じていないし、普遍的な善や絶対悪も信じていない。機能するものとしないものがあること、それだけを信じてきた」と語り、人類よりもはるかに巨大で賢く見える島に「闘争なき生命、罪なき知性」を期待して裏切られてしまう。本作では、サンデーが期待したような境地に到達した人間の末裔が登場し、侵略を受ける側として描かれる。

善悪 good and evil や正邪 right and wrong を感じ取る直観 gut feeling にも有用な過去はあっただろうが、今となっては非効率的で不合理なところがある。ここはもうサバンナじゃない、とワッツは度々書いていて、今回もおおむねそんな感じ。普遍的な悪があるとすればそれは苦痛であり、普遍的な善は苦痛を終わらせることである。そして生命こそ苦痛にほかならない。そんな結論に至った「わたし」は涅槃に近い状態を実現する。

そんなところへやってきた異星知性パーマーによる侵略を、「わたし」は抵抗もせず受け容れる。従容としているのは存在しない方がいいという考えからではなく、やり残したことがないためなおも存在を続ける理由が特にないから。ここの完結感はイーガン『ディアスポラ』っぽいと思った。もっとも流石にあれほど壮大ではなく、かなりあっさりしたものではある。

余談

  • パーマーの名前はたぶん『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』から(未読なので詳しい関連性は知らない)。パーマーの出身星系 KIC 8462852 は不規則な減光が観測され、人工物による遮光ではないかと騒がれたとか。
  • 自我を宇宙スケールに引き伸ばそうとすると光速やレイテンシの問題にぶち当たって人格は統合を維持できず分化する、みたいな話を「島」でしているのだが、今回はそれをワームホールで回避している設定。